【津風呂湖】2022/03/10ワカサギ釣行。狙いは底からほんの少し巻上げたところ!【ドーム桟橋】

ワカサギ

3月10日に奈良県吉野郡吉野町の津風呂湖へワカサギ釣りに行ってきましたので、その様子を書いていきます。

当日は晴天で釣りやすい天気ですが……

津風呂湖到着。時刻は9時過ぎ……オープンは8時からですが、のんびり到着です。

もう少し暖かくなると、吉野の山々も桜色に染まりだすでしょうね。

気温は10℃前後で風もほとんどありません。暖かくて釣り日和ではありますが、ワカサギは悪天候のほうが活性が高くなる傾向にあるといわれています。

果たして今回はどうでしょうか?

受付を済ませて、ドーム桟橋へエントリーします。

ぱぱっと準備を終わらせて釣り開始

釣り座はこんな感じでシンプルに。

竿は二本出して両手で釣っていきます。

当日使った仕掛けは0.8号狐6本針に、錘はナス錘の2号(7g)を使用。

ちなみに餌は受付時に購入した紅サシです。

魚探投入!

釣り場に着いてからすぐの魚探の映像。魚探はDeeperPROを使用しています。

水深はおよそ26mくらい。

25mより下から黄色ライン→青になっているところは湖底。

15m付近にいる群れは恐らくヒウオ(アユの稚魚)だと思います。

底の魚影はワカサギですね。

とりあえず狙う棚は底で、仕掛けを落としてベタ底から10cm巻き上げたところで誘います。

仕掛けを投入し、細かく誘っていくと早速アタリが!

小さなアタリですが、合わせると穂先、リールを伝って手に重みが感じられたので乗っていることを確認。

電動リールの自動巻き上げ機能を使って、26mの距離をバラさないようにゆっくり巻き上げていくと、幸先よく13cmのワカサギをゲット!

津風呂湖のワカサギはサイズが大きいことで有名で、12cm前後は比較的よく釣れるサイズですね。

その後もポツポツとアタリを拾い続けて、とりあえずつ抜けです。

基本的に釣れるときは6本針のいずれかの1つに1匹掛かったら巻き上げていくようにします。追い食いを狙う必要はなく、掛かったら即巻き上げる!で釣っていきましょう。

追い食いを狙ってそのまま置いていると、ワカサギが暴れてバレたり、仕掛けがオマツリしますので……群れの密度によっては特に意識しなくとも2連掛け、3連掛けすることもありますよ。(この日も2連、3連掛けはありましたが、写真撮っている余裕なかったです……)

まだまだ時間はありますので、釣れるところまで釣っていきます!

魚探ダイジェスト

底の方に群れが回ってくると、↑こんな感じで表示されます。

(入り乱れてる縦線は他の魚探との混信)

群れは赤く表示されるんですが、密度が増していくにつれて黄色になっているのがわかりますね。

更に湖底の黄色ラインから青くなっている山の部分は、魚探がワカサギの群れを底と誤認している状態です。それくらい密度の濃い群れが回ってきてると見ていいでしょう。

この日は25mから群れが入ってきて、ゆっくり底に沈んでいくような形で群れが回ってくることがほとんど。同じ場所でとどまる群れはなく、餌を探してずっと回遊しているような感じですね。

コレも上の画像と同じパターン。

ワカサギが地面の中に埋まっていっているように見えますが、底に落ちていっている様子ですね。

下から水面に向かって上がっている斜線は錘。

ワカサギが掛かって巻き上げているところですね。

一応、20〜24mの中層にも群れが回ってくることがありますが、なかなか口を使ってくれなかったです。

このときはなんとかアタリを取ってかけることはできましたが、そのせいで群れが散って、底に落ちているのもわかりますね。

底と同時に中層にも密度の濃い群れが回ってくることもありましたが、回遊スピードが早いのか、群れがとどまることはなく、あっという間に過ぎ去っていきます。

26mの水深でワカサギを上げてから、また底まで落とすとなると結構な時間がかかるもので、その時間ですでに群れが通り過ぎてしまっているっていうのもよくあるパターンです。

対策としては錘を10g以上にすればいいのかもしれませんが、あまり大きくて重い錘を使うとワカサギにプレッシャーを与えてたり、散ってしまったりする可能性があるので難しいところです……

14時過ぎ、魚探の充電が切れる

9時過ぎからDeeperをぶっ通しで使い続けて14時過ぎについに充電が切れました。

おおよそ稼働時間はおおよそ5〜6時間くらいでしょうか。Deeperの新しい機種であれば、もっと長時間使えるらしいですが、一番安価なタイプだとコレくらいです(笑)

途中の合間合間の休憩中もずっとつけっぱなし。

その時間、魚探を止めていれば多少は伸びていたかもしれませんが……

14時からはアタリの数も減っていき、渋くなり始めたので魚探を引き上げ、底だけを狙っていきます。

釣果は……

午後4時頃に納竿。

最終的には48匹のワカサギを釣ることができました。

上手い方だと、60〜100匹くらいまで釣っている人も居てるようで、初心者の方でも20~30くらい釣っている方も。

津風呂湖のワカサギシーズンは11月〜3月末までですが、まだまだ釣れ続けている状況ですよ~。

津風呂湖詳細

津風呂湖観光HP→http://tuburoko.net/

津風呂湖観光Facebook→https://www.facebook.com/tuburoko.kanko/

タイトルとURLをコピーしました