泉南アジング

アジング

先日行ってきた泉南方面でのアジング調査の記録です。

スポンサーリンク

暗くなるまで根魚調査

当日は友人と一緒に昼過ぎくらいから車を走らせ、のんびりとポイントに向かいます。
まず最初の現場に到着したのは16時過ぎ。秋が深まるにつれて日が沈むのが早い……

この日の日没は17時。もう太陽が水平線の向こう側に落ち始めていました。
アジは暗くなってからが本番ということで、とりあえず根魚の様子を探るつもりでボトムワインド。その日は風が強く、キャストしたあとにボトムを取ろうとすると、

ラインが風に揉まれる、というような状況。

ボトムをとる釣りでは特に問題ない程度だが、細かいアタリを拾っていくアジにはちょっと都合が悪い。そのポイントは足場もちょっと高いので尚更です。

とりあえず可愛らしいガシラが1匹。
海にお帰り頂いたあと、完全に日が落ちる前にポイント変更のため、移動します。

風の通らない、アジの居てそうなポイント探し

やってきたのは泉南の漁港。
随分前にシーバスを釣りに1度来たきりで、それ以来のポイントです。

周囲に背の高い建造物もあるので、比較的湾内の風は穏やか。そして堤防の至るところには水面を照らす常夜灯の群れ。対岸の堤防では2人の方が釣りをしていましたが、釣れているかどうかは不明。水面にアジの姿は確認出来ませんでしたが、まあまあ雰囲気は良さげかなぁ……といったところでアジング調査開始。

丁度引き潮の時間帯で、流れは湾内から緩やかに外海に向かって流れている。流れに逆らうように巻いてこようかな、と思い最初にキャストしたのはアジスタ!S-1gにペケリング2.5″プリズムライム。

デッドスローでゆーっくり巻いていき、回収したら次はカウントダウンを刻んでアジのいる層を探していきます。

カウントダウン中に「コッ」という小さな反応が出ましたが、掛けることが出来ませんでした。恐らく小アジだと思いますが、反応はそれきり……

その後も反応がないので、対岸の堤防へ移動

堤防の先端手前には先程のお2人がいらっしゃるので、手前から投げていくことに。
あーでもないこーでもないと頭で考え試行錯誤しつつ、無反応のまま時間が過ぎていく。
先行の方々が帰宅されたので、堤防の先端側へと入らせてもらいます。

常夜灯が照らす水面には時折ライズがあり、期待大。
たぶんアジは湾奥に入らず、先端側のところでベイトを探して回遊してるんじゃなかろうかと思ったり。

そうしているうちに友人にファーストヒット。
上がってきたのは15cmほどの小アジ。
どうやら表層をゆっくり漂わせるようにすると反応があったみたい。

というわけで僕も友人に倣って縦の釣りへ……

チョイスしたのはアミアミ1.5″のイソメグロークラッシュ。
キャストして沈めた後にチョンチョンチョンとトゥイッチを入れてからのフォールで探っていきます。

ついでに先程のショートバイトを反省してサポートフックの鬼爪も併用。そもそもこの日は最初のポイントでフロートを使う予定だったので、持ってきたロッドはアジング用のチューブラーティップ。柔らかめのロッドなんですが、バイトを弾きかねないので一応予防線を貼っておきます。

誘って落としてをしながら、ピックアップ直前のフォールで横からのアジがワームをかっ攫う!
夜のアジングでバイトシーン丸見え……

なんなく上がってきたのは、これまた可愛らしい小アジ。
とりあえず、アジは1尾目ですね。ボウズじゃなくて安心しました。

表層は小アジ、中層より下は中アジ 明暗の境目を狙ってみる

そこからポツリポツリと友人が小アジを釣り上げていく。
そこで僕はサイズアップを狙ってみることに。

ここはセオリー通りに、中アジの層を探そう。ということで、バイトパターンは把握出来たので、ワームを取っかえ引っ変えしながら徐々にレンジを下げつつ探っていきます。
明暗の境目付近でひっそりと捕食するアジの存在をイメージしつつ、長めのフォールで誘うと「コツン、コツン」と反応。

パシッと合わせるとアジの口が切れたり、ラインブレイクの可能性があるので、チョン、と合わせてゆっくりテンションをかけます。

これでかかれば今のところバラシは無いかなぁ。

上がってきたのは23cmの中アジ。
期待通りのサイズアップ。

ワームはやっぱりアミアミ。ただレンジは同じところに居るみたいですが、ある程度の範囲を回遊しているみたいでした。キャストする場所をちょいちょい変えていかないと、途端に反応が消えたりしてちょっと苦戦……

間隔を開けてポツポツ、と中アジ2尾追加。

最後に使ったのはアジマストのピンクグロウ。パターンは完全にフォールの釣り。
日付も変わりそうなところで、納竿しました。

友人と合わせて全部で9尾の釣果。
今年の大阪湾はアジが不調らしいですがが、それでもなんとか探しだせればなんとか釣れるといった感じですね。

タックルデータ

ヒットルアーには〇付けてます。

  • ロッド
    • N-ONE NSL-T682Aji
  • リール
    • CarbonX 1000S
  • ライン
    • マイクロゲームPEハイライト0.4号
    • DPET 0.3号
    • リーダー1号
  • ルアー
    • DDヘッド3g〇
    • パラワームダート ケイムラクリア〇
    • アジスタ! S-1g〇
    • アミアミ1.5” イソメグロークラッシュ〇
    • ペケリング2.5″ プリズムライム、クリアーレッドフレーク
    • アジマスト ピンクグロウ〇、UVクリア
    • ソフトサンスン
    • サポートフック鬼爪 M

タイトルとURLをコピーしました